相続大全集

遺言書の作成を司法書士など専門家に頼むメリットとデメリットをお教えします

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

遺言書作成の相談は奈良王寺の明徳司法書士事務所へ

親に遺言書を書いてもらいたいと思っているんですが,本を読んだりして自分が書いてもらうか,司法書士など法律の専門家の事務所に相談に行って作ってもらう(援助してもらう)か迷っています。考えても答えが出なくて,,親に言う前にそのあたりの考え方を教えてほしいのです。

 

司法書士など法律の専門家に相談して頼まないといけない義務はない

遺言は,

しないと無効になります。

法律の書いてある方式,,,回りくどいですが,自筆証書遺言公正証書遺言のそれぞれの法律の条文を見てみましょう。

(自筆証書遺言)
民法968条  自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。
2  自筆証書中の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければ、その効力を生じない。

(公正証書遺言)
同969条  公正証書によって遺言をするには、次に掲げる方式に従わなければならない。
一  証人二人以上の立会いがあること。
二  遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授すること。
三  公証人が、遺言者の口述を筆記し、これを遺言者及び証人に読み聞かせ、又は閲覧させること。
四  遺言者及び証人が、筆記の正確なことを承認した後、各自これに署名し、印を押すこと。ただし、遺言者が署名することができない場合は、公証人がその事由を付記して、署名に代えることができる。
五  公証人が、その証書は前各号に掲げる方式に従って作ったものである旨を付記して、これに署名し、印を押すこと。

はい。この条文には,司法書士や弁護士に頼まないとダメとは書いてありません。そのほかの条文にもそのような規定はありません。つまり,遺言書を作成するのに,司法書士などの法律の専門家に依頼する「義務」はありません。自分でやっちゃっていいということです。

ではなぜ多くの人が,遺言書を書いたり作成してもらうのに法律の専門家を頼んでいるか?そのことに話を進めます。司法書士などに頼んだらどういうメリットがあるのか,そして司法書士などに頼んだらどういうデメリットがあるのか。このことについて説明いたします。

 

司法書士など法律の専門家に依頼するメリット

自筆証書遺言の場合

無効にならない遺言書が書ける

せっかく遺言書を書いてもらったのに法律的に無効では元も子もないですよね。無効にならないようにしましょう。自筆証書遺言はこのように書けば基本的に無効になりません。でも不安ですよね?本当にこれでいいのか,と。司法書士に相談して遺言書を書けば無効になることはありません。

  • 遺言者が,全文を自分で書くこと
  • 遺言者が,日付を自分で書くこと
  • 遺言者が,氏名を自分で書くこと
  • 遺言者が,遺言書に印鑑を押すこと

法律的に正しい遺言書が書ける

遺言書が無効ではなく有効あることと,その遺言書が法律的に遺言者の考えを正しく表現できているかということは別問題です。遺言書はお手紙ではありません。小説でもない。遺言者の意思に法的効果をもたせる法律行為です。なので,なんでも自由に書けばいいってものではないんです。長男に財産を譲渡したい場合,第三者Aに財産を譲渡したい場合,さてどう書けばいいでしょう。そしてその書いた文言はどのように法的に解釈されるでしょう?

  • 長男に○○を「あげる」
  • 長男に○○を「わたす」
  • 長男に○○を「相続させる」
  • ○○を長男の「ものとする」
    ,,,

日本語の表現は無限にありますね。両親に書いてもらう遺言の文言は,それでいいの?いいのでしょうか?ちゃんと両親が望む,そしてあなたが望む法的効果が得られるんでしょうか?司法書士に相談してください。両親やあなたが何を望むのかを詳しくお聞きします。そしてそのような法的効果を生じる正しい遺言書文案をお示しします。

ちゃんと遺言執行できる遺言書が書ける

上に述べたこととも関連しますが,遺言書はお手紙じゃない。また遺言書は書いただけでは意味がない。ちゃんと財産の相続手続ができないといけない。適正迅速に法律手続ができてはじめて意味があるんです。遺言書に書かれている内容を実現すること,遺言書を実行することを,法律上,遺言の執行といいます。遺言執行です。この遺言執行がちゃんとできる遺言書の内容になっていますか?両親の遺言書はちゃんと執行できると自信がありますか?誰かが保障してくれましたか?司法書士に相談してください。司法書士がちゃんと執行できる遺言書であることを保障します。

頼めば遺言執行者にもなってもらえる

ちゃんと遺言執行ができる内容の遺言書であっても,それだけでは足りません。その遺言執行の手続きは,具体的に,誰がやるんですか?知識はありますか?時間はありますか?あなたにその自信がありますか?もしあなたに遺言執行に耐える知識と時間がないのであれば,司法書士に遺言執行者になってもらいましょう。両親の遺言書で,司法書士を遺言執行者に指定しましょう。司法書士が遺言執行者になっていれば,法律にしたがい,適正迅速に遺言書の実行,遺言書に書かれた内容を具体化する遺言執行業務をしてくれます。遺言書の作成を司法書士に依頼すれば,遺言執行者になってくれと依頼することもできます。

遺言書作成の文案を作ってもらえる

司法書士に遺言書の相談をしても,じっさいに自筆証書遺言を書くのはご両親です。先にも書いたとおり,自筆証書遺言は,以下の方式を守らないと無効ですので。

  • 遺言者が,全文を自分で書くこと
  • 遺言者が,日付を自分で書くこと
  • 遺言者が,氏名を自分で書くこと
  • 遺言者が,遺言書に印鑑を押すこと

さて,自分で書いてもらいますが,文案は一言一句司法書士が提案してくれます。PC(パソコン)で文案を作って,白い紙に打ち出してもらいます。ご両親はそのとおりに,別の紙に写せばいいんです。ご自分の手書きで,そのとおり一言一句転記すれば,立派な自筆証書遺言のできあがりです。司法書士に頼めば,よくよくご相談をしたうえで,完全な文案を作ってもらえますから,自筆証書遺言の作成が簡単にできます。

必要なら遺言書の保管をしてくれる

自筆の遺言書を作ったら,さてその遺言書は誰がどこに保管しますか?自宅のデスクですか?テレビボード?サイドボード?見えるところに置くようなものでなし,どこかに仕舞い込みますか?しかしあまり仕舞い込むと何かの際に捨ててしまったり,肝心要の死後に見つからぬ,なんてこともないではありません。

必要なら,あくまで依頼があればですが,司法書士がその遺言書をお預かりして保管することができます。たいていの司法書士事務所には大きな金庫がありますし,銀行や信用金庫に貸金庫を持っている事務所も多いと思います。当然明徳司法書士事務所にも金庫や貸金庫があります。セコムのセキュリティーもかかっているし,延焼で事務所が焼けるなんてこともないでしょう(のはずです)。遺言書の保管もコミコミで司法書士に遺言書作成を相談するのもありです。

そのほかにいろんな相談ができる

遺言書の作成はもちろん,同時に,司法書士に,日頃気になっているいろんな法律問題や法的手続を相談することができます。例えばご両親や祖父母の持っている不動産等の生前贈与。例えばご両親が認知症になるのに備えて,子供であるあなたや司法書士に任意後見契約を任せること。遠方にお住まいなら,亡くなった後の部屋の片付けや家財道具の処分,役場への届け出などなど,死後事務の一切を任せる死後事務委任契約を頼むこと。関連する,いや関連しないことを何でも相談することができます。司法書士は遺言書の作成以外にも,いろんな日常生活の法律問題を取り扱っているからです。ぜひご利用ください。

  • 生前贈与(不動産や預貯金・株式)
  • 任意後見契約(いまのうちから財産の管理人を決めておく)
  • 死後事務委任契約(遺言執行以外の死後のこと全部を任せる)
  • その他日常生活にかかわる法律問題
    などなど

遺言書を書いた後も何でも聞ける

もちろん遺言書を書いた後,これからずっとお付き合いいただけます。みなさんの生活も変わるし,社会や法律も刻々と変わります。今後何かあったときに相談できる相手として司法書士事務所をご利用いただけます。一度お取引したお客様のお話は,少々のことなら,相談料なしでお聞きします(笑)

公正証書遺言の場合

必要書類の収集を頼める

公正証書遺言の作成を公証人役場に持ち込むには,次のような書類が必要です。

①  遺言者本人の本人確認資料(印鑑登録証明書又は運転免許証,住基カード等顔写真入りの公的機関の発行した証明書のいずれか一つ。)
②  遺言者と相続人との続柄が分かる戸籍謄本
③  財産を相続人以外の人に遺贈する場合には,その人の住民票(法人の場合には資格証明書)
④  財産の中に不動産がある場合には,その登記事項証明書(登記簿謄本)と,固定資産評価証明書又は固定資産税・都市計画税納税通知書中の課税明細書
⑤  なお,前記のように,公正証書遺言をする場合には,証人二人が必要ですが,遺言者の方で証人を用意される場合には,証人予定者のお名前,住所,生年月日及び職業をメモしたものをご用意下さい。

公証人連合会WEBより

遺言者であるご両親の本人確認資料(通常は印鑑証明書)は本人しか持ってないのでご本人に準備いただくとして,その他戸籍謄本や不動産の登記簿謄本,固定資産評価証明書などの収集は,司法書士に任せていただくことができます。つまり司法書士が代わりに必要書類を収集できます。これだけでもかなり手間が省けそうですね。

文案を作ってくれる

公証人役場でする遺言,すなわち遺言公正証書を作成するのは公証人です。ご両親ではありません。公証人が遺言書を作成する主体(作成する人)です。でも遺言者はご両親です。なので,当然のことながら,遺言書の内容を決めるのは遺言者であるご両親本人です。何か不思議ですね。

で,ご両親が遺言書の内容を決めたら,それを正確に,公証人役場の公証人に伝達しないといけません。口で言っても厳しいので,普通は文書にしてそれを公証人役場に提出します。要は,遺言書文案をこちらで作って公証人に渡し,公証人と相談したうえで,最終文案ができあがるんです。

ご両親はちゃんと公証人に伝わるような文案が作成できるでしょうか。司法書士に頼めば,ご両親の望む遺言書の叩き台としてふさわしい文案を起案して,公証人にしっかり伝達することができます。

何度も公証役場に行かなくてもいい

はっきり言って公証人は忙しいです。なんといっても人数制限をしているので全国に500人くらいしかいないはず(多少増減しているかも)。あのドイツには9000人くらいいます。国家資格者の中で比較的人数の少ない司法書士が2万2000人ほどですから,いかに少ないことか。奈良県には,奈良市と大和高田市の二つしか公証役場がなく,公証人は3名だけです!日本では司法書士などが外国における公証人的仕事をしているので一概には比較できませんが,それでも非常に少ない。

なので,いきなり公証役場に出かけて行っても,普通は話を聞いてくれない。なぜなら予定が詰まっているから。また予約を取って相談に行っても,両親の味方になっていろいろアドバイスはくれない。あくまで,ご両親の主張を法的に整序して公正証書にするのが仕事です。公証人役場はその名のとおり役場です(公証人は法務省の法務局所属),民間の法律事務所ではないわけなので,スタンスはあくまで中立なんです。裁判所に訴訟の相談に行っても,手続的・形式的なことしか教えてくれないのと同じです。

そんな公証人役場で公正証書を作成しようとしたら,何度も公証人役場に足を運ばないといけないのは明らかでしょう。相談に行って,必要書類を集めに行って,役場に出して,文案を作って,それを公証人に渡して,修正して,またやり直して,,本番の作成日までにやる気がなくなっちゃうかもしれませんね。もういいか,,なんて。

司法書士に依頼すれば,そのような負担が激減します。公証人役場だっておそらくやりやすいはずです。まあそれはご両親やあなたには関係ないことですが(笑)。それに,司法書士は,あくまでご両親やあなたの立場に立って,できる限りのご提案をしますよ。ともかく間に司法書士を入れると,ご両親やあなたが公証人役場に行くのは本番作成時の1回で済みます。

公証人との打ち合わせを全部代行してもらえる

ほとんど前のところで説明しましたが,行く行かないの回数のみならず,公証人役場とのやり取りを全部司法書士にお任せいただけます。公証人役場から指示された内容がよく分からないとか,公証人役場から昼間に連絡があっても仕事で対応できないとか,そういうことがなくなります。何より精神的に楽になります。問い合わせは,民間人の司法書士宛てにガンガンすればいいんです。

繰り返しますが,司法書士に依頼すると,公証人役場の公証人とのやり取りを全部任せられます。公証人と会ってお話をするのは,公正証書遺言の本番作成日の1回だけです。

証人2名を用意してもらえる

最初に公正証書遺言について民法の条文を引きました。そこに書いてあるとおり,遺言公正証書を作成するには,証人を2名立てないといけません。証人は公正証書遺言作成の本番の日に遺言者とともに公証人役場に出頭して,遺言書に署名押印をしなければいけません。

ところで証人には誰でもなれるわけではありません。遺言の証人には欠格事由というのがあって,次のように決められています。相続人や受遺者は証人になれないんです。当たり前といえばそうなんですが。

(証人及び立会人の欠格事由)
民法974条  次に掲げる者は、遺言の証人又は立会人となることができない。
一  未成年者
二  推定相続人及び受遺者並びにこれらの配偶者及び直系血族
三  公証人の配偶者、四親等内の親族、書記及び使用人

これって案外困りますよ。相続人の配偶者も子供もなれないんです。では誰に頼むことができるんでしょう?遠い親戚ですか?近所の友達ですか?ご両親の財産や遺言内容が全部ばれてしまうんですよ?それってちょっと厳しいですよね。関係の薄い人では難しいし,近い人は近い人でいろいろ問題ありそうです。

司法書士に遺言公正証書の作成を依頼すると,司法書士本職と事務員の合計2名が証人になります。一緒に公証役場に行って証人として遺言書に署名押印をさせていただきます。ご両親やあなたは,わざわざ遺言の証人になってくれる人を探してお願いする必要はないんです。これは案外大きなメリットだと思いませんか?

明徳司法書士事務所に公正証書遺言作成の依頼をするその他のメリット

その他,以下ようなメリットは,自筆証書遺言のときと同じですので,繰り返し項目だけ挙げておきます。

  • 頼めば遺言執行者になってもらえる
  • 必要なら遺言書の保管をしてくれる
  • そのほかにいろんな相談ができる
    ・生前贈与(不動産や預貯金・株式)
    ・任意後見契約(いまのうちから財産の管理人を決めておく)
    ・死後事務委任契約(遺言執行以外の死後のこと全部を任せる)
    ・その他日常生活にかかわる法律問題
    などなど
  • 遺言書作成が終わった後でも何でも聞ける

 

司法書士など法律の専門家に依頼するデメリット

ここまで長々と書いてきましたが,いいことばかりですね。しかしいいことには必ず裏がある?いや冗談です。裏じゃなくて,いいことには必ずコストが伴います。そうです。専門家に依頼すると,費用がかかる。お金がかかる。これは自筆証書遺言の作成の相談をしても,公正証書遺言の作成援助の依頼をしても同じことです。

それって高いんじゃないの?一番知りたいのはそこですよね。単刀直入に私の事務所である明徳司法書士事務所に遺言書の作成の依頼をしたらいくらかかるかを紹介します。

ズバリ!

  • 自筆証書遺言は,7万5000円
  • 公正証書遺言は,15万円(夫婦の場合22万5000円)

です。

ただし,消費税と実費は別にかかります。それから,遺産がたくさんあるとか,特別事情があるときは要相談です。

いかがでしょう?

物事は何でもそうですが,費用対効果というものがありますね。遺言書の作成を司法書士に依頼するメリットは上にたくさん述べてきましたから,それらと比較し,ご両親とあなたで相談して,ご判断いただければと思います。私自身は,遺言書作成業務というのは,お客様にとって,とても費用対効果が高い(リーズナブル・合理的・「安い」ともいう笑)ものだと信じています。

 

つづきにどうぞ

自筆証書遺言の作成を奈良県北葛城郡王寺町の明徳司法書士事務所相談依頼したらこういう流れになります。

自筆証書遺言を作成する(書く・書いてもらう)スケジュールを具体的にお教えします

公正証書遺言の作成を奈良県北葛城郡王寺町の明徳司法書士事務所相談依頼したらこういう流れになります。

公正証書遺言を作成する(書いてもらう)スケジュールを具体的にお教えします

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

借金は?遺産相続で引き継ぐものと引き継がないもの

結論から言いましょう。あなたが相続をすると,「借金」ももれなく引き継ぎます。 ※絶対というわけではありません。これについては別のところで書きます。 相続とは,亡くなった人に成り代わって,財産に関する一切の権利や義務を引き …続きを読む

「相続させる」「遺贈する」という遺言書の違いについてお教えします

両親が作ってくれた遺言書に「相続させる」とか「遺贈する」とかいう文言を見つけることがあります。これはそれぞれどういう意味なのでしょうか。それから,遺言書に相続させると書かれている場合と,遺贈すると書かれている場合で何か違 …続きを読む

相続させる遺言と遺贈する遺言の違い

遺言書で財産をもらったのに返さないといけない遺留分という制度を説明します

こういう事例を想像してみてください。あなたがこの人達の立場だったら? ケース1 私はA男と20年付き合ってきた。出会った当初は奥さんがいていわゆる不倫関係からスタートし,その後奥さんが亡くなった後は,ほとんど妻と同じよう …続きを読む

遺留分請求を受けて財産を返さない

親の住宅地はいくら?相続税では宅地の値段がどう評価されるか説明します

最近テレビやインターネットで相続税のことをやっているので,私も両親が亡くなったときの相続税について気になってきました。両親の財産はといえば,住宅地の自宅(土地と建物)と,銀行の預貯金,証券口座に投資信託が少しあると聞いて …続きを読む

住宅地の相続税評価,価格

ちょっと待った!安易に相続した遺産を使ってはいけない理由

現状) お父さんが急に亡くなった。お父さんは退職後にちょっとした事業をしていて,少ないかがらもいくらか財産が残っていた。多分借金はなかったと思うが,はっきりしない。友人から少し用立ててもらったという話を聞いたことがある。 …続きを読む