相続大全集

遺言書のとおり手続する遺言執行者は誰がどうやって決めるのかお教えします

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

遺言執行者は誰がどこでどうやって決める

民法1012条1項
遺言執行者は,相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為をする権利義務を有する。

遺言執行者という言葉を聞いたことがありますか?遺言執行者とは,文字どおり,遺言書のとおりに財産に関する手続き等をやってくれる人,遺言が効力を生じた後,遺言書の内容を実現する手続きをしてくれる人のことです。遺言の内容を執行(実現)するから遺言執行者です。

遺言執行者が決まっていないと困ることが多いです。あなたが遺言で財産をもらう受遺者であっても,また遺言で財産をもらうのが他人で,あなたがその遺贈を履行する義務を負う遺贈義務者であってもです。遺言執行者がいないと,何か知らないけど遺言書に関係ないような相続人全員が,遺言書の手続きをするのに駆り出されて面倒だったり難儀だったり,また他人に印鑑証明書を要求されたりと,不安になることもままあります。遺言書には遺言執行者が必須だと思います。

それは分かってるよと。じゃあその遺言執行者というのはどのように決めておいてもらえばいいのか,決まるのか,というのが本題です。

 

遺言による遺言執行者の指定

結論から言いましょう。結構シンプルです。遺言書を執行する遺言執行者なので,遺言執行者は遺言書で指定すればいいんです。遺言執行者の指定は,次民法の条文のとおり,法定された遺言事項(遺言書に書くと法的効力のある事柄)です。

(遺言執行者の指定)
民法1006条  遺言者は、遺言で、一人又は数人の遺言執行者を指定し、又はその指定を第三者に委託することができる。
2  遺言執行者の指定の委託を受けた者は、遅滞なく、その指定をして、これを相続人に通知しなければならない。
3  遺言執行者の指定の委託を受けた者がその委託を辞そうとするときは、遅滞なくその旨を相続人に通知しなければならない。

このとおり,遺言書で遺言執行者を直接誰々と指定してもいいし,遺言執行者を指定する人を誰々と決めてもいいです。普通は回りくどいので前者,つまり直接指定します。遺言執行者の指定のある遺言書はどんなものか,書いてみましょうか。


遺言書

1.自宅は長男に相続させる。
2.遺言執行者として司法書士の中尾哲也を指定する。
年月日
遺言者 父 印


2.のところです。こういう一文を書くだけで遺言執行者の指定は完結。簡単でしょう。そうそう,未成年者と破産者は遺言執行者になることができません。これを遺言執行者の欠格事由と呼びます。高齢者が未成年者に遺言をするときは,受遺者本人以外を遺言執行者に指定してください。

(遺言執行者の欠格事由)
民法1009条  未成年者及び破産者は、遺言執行者となることができない。

 

家庭裁判所による遺言執行者の選任

さて,遺言書で遺言執行者を無事指定してあるときはいい。遺言書で遺言執行者を指定し忘れた場合はどうでしょう。また,遺言執行者に指定された人が高齢で先に亡くなっていたり,指定されていた司法書士や弁護士が高齢で引退しているような場合はどうなるのでしょう。

そういうときは,家庭裁判所に遺言執行者を選んでもらいます。管轄の家庭裁判所に遺言執行者の選任申立という申請をすると,家庭裁判所が遺言執行者を選んでくれるんですね。

(遺言執行者の選任)
民法1010条  遺言執行者がないとき、又はなくなったときは、家庭裁判所は、利害関係人の請求によって、これを選任することができる。

遺言書の内容の中には,遺言執行者による執行行為が必ず必要なものがあります。こういう遺言事項があるのに遺言執行者の指定がないとか,いないときは,必ず家庭裁判所に遺言執行者選任をお願いしないといけません。

また,相続人全員が協力すれば遺言執行ができるような遺言事項であっても,手続きが分からないとか,面倒だとか,適正・確実を期すとかいう理由で遺言執行者の選任を裁判所にお願いすることもできます。相続人自分たちでやろうと思えばできなくはないが,遺言執行者にやってもらったほうがいいな,というのも認められているんですね。司法書士などを候補者に立てて申請すれば,特に問題ない限り,その人を選んでくれるはずです。

  1. 遺言書には遺言執行者が付き物である。
  2. 遺言執行者は原則として遺言書で指定する。
  3. 遺言執行者が指定されてないか,指定されていたがいなくなっているときは,家庭裁判所に言えば選んでくれる。

これだけ覚えておいてください。

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

遺言書だけでは死後の問題が解決しない?安心できない?その理由を説明します

遺言書があれば安心? さて将来の遺産相続の紛争を避けるために遺言書を公正証書で作成しました。もうこれで安心,何も心配することはない,となるかといえば,そうとも言えません。え?そうなの?遺言書を作成すれば安心だと言われて作 …続きを読む

葬儀,納骨,永代供養,役所の手続きは死後事務委任契約で

遺言書とセットで生前の財産管理を任せてもらう方法を説明します

将来亡くなったときの遺産相続の紛争を避けるために遺言書を作成しました。これで,死後の財産に関する紛争は防げると思います。では,生前のことについてはどうでしょうか。生前,典型的には高齢になった人の財産を特定の人が勝手に管理 …続きを読む

生前の財産管理,財産管理委任契約と任意後見契約

節税対策(相続対策)は早い者勝ち?その理由について説明します

相続対策は早いほうがいい!節税は早いほど効果的!よくテレビや雑誌,インターネットでそのように言われているのを見聞きします。相続税の法律が改正されて,基礎控除額が大幅に引き下げになってから,節税対策についての情報があふれて …続きを読む

節税対策(相続対策)は早く始めるほうが有利

親と一緒に公証役場で遺言書を作成する場合に注意すべきポイントをお教えします

ここでは,あなたが両親などと一緒に公証人役場で公正証書遺言を作成してもらうと思っている場合に注意すべきポイントをご紹介します。   公正証書遺言の作成費用は子供が出してあげる 可能なら遺言公正証書を作成するとき …続きを読む

親と一緒に公証人役場で公正証書遺言

両親の住宅は財産の少ないほうの名義に変更!メリットと方法について説明します

両親,つまり父母がいて,子供がいるケースで,父親が住宅地に価値のある居住用不動産を所有しているケースを想定してみます。もう一つ仮定を置きましょう。母親は長年専業主婦で,財産が父親名義に偏っている場合です。 こういう場合は …続きを読む

父母や夫婦の住宅は財産の少ない方に生前贈与登記する