相続大全集

遺言書のとおり手続する遺言執行者は誰がどうやって決めるのかお教えします

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

遺言執行者は誰がどこでどうやって決める

民法1012条1項
遺言執行者は,相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為をする権利義務を有する。

遺言執行者という言葉を聞いたことがありますか?遺言執行者とは,文字どおり,遺言書のとおりに財産に関する手続き等をやってくれる人,遺言が効力を生じた後,遺言書の内容を実現する手続きをしてくれる人のことです。遺言の内容を執行(実現)するから遺言執行者です。

遺言執行者が決まっていないと困ることが多いです。あなたが遺言で財産をもらう受遺者であっても,また遺言で財産をもらうのが他人で,あなたがその遺贈を履行する義務を負う遺贈義務者であってもです。遺言執行者がいないと,何か知らないけど遺言書に関係ないような相続人全員が,遺言書の手続きをするのに駆り出されて面倒だったり難儀だったり,また他人に印鑑証明書を要求されたりと,不安になることもままあります。遺言書には遺言執行者が必須だと思います。

それは分かってるよと。じゃあその遺言執行者というのはどのように決めておいてもらえばいいのか,決まるのか,というのが本題です。

 

遺言による遺言執行者の指定

結論から言いましょう。結構シンプルです。遺言書を執行する遺言執行者なので,遺言執行者は遺言書で指定すればいいんです。遺言執行者の指定は,次民法の条文のとおり,法定された遺言事項(遺言書に書くと法的効力のある事柄)です。

(遺言執行者の指定)
民法1006条  遺言者は、遺言で、一人又は数人の遺言執行者を指定し、又はその指定を第三者に委託することができる。
2  遺言執行者の指定の委託を受けた者は、遅滞なく、その指定をして、これを相続人に通知しなければならない。
3  遺言執行者の指定の委託を受けた者がその委託を辞そうとするときは、遅滞なくその旨を相続人に通知しなければならない。

このとおり,遺言書で遺言執行者を直接誰々と指定してもいいし,遺言執行者を指定する人を誰々と決めてもいいです。普通は回りくどいので前者,つまり直接指定します。遺言執行者の指定のある遺言書はどんなものか,書いてみましょうか。


遺言書

1.自宅は長男に相続させる。
2.遺言執行者として司法書士の中尾哲也を指定する。
年月日
遺言者 父 印


2.のところです。こういう一文を書くだけで遺言執行者の指定は完結。簡単でしょう。そうそう,未成年者と破産者は遺言執行者になることができません。これを遺言執行者の欠格事由と呼びます。高齢者が未成年者に遺言をするときは,受遺者本人以外を遺言執行者に指定してください。

(遺言執行者の欠格事由)
民法1009条  未成年者及び破産者は、遺言執行者となることができない。

 

家庭裁判所による遺言執行者の選任

さて,遺言書で遺言執行者を無事指定してあるときはいい。遺言書で遺言執行者を指定し忘れた場合はどうでしょう。また,遺言執行者に指定された人が高齢で先に亡くなっていたり,指定されていた司法書士や弁護士が高齢で引退しているような場合はどうなるのでしょう。

そういうときは,家庭裁判所に遺言執行者を選んでもらいます。管轄の家庭裁判所に遺言執行者の選任申立という申請をすると,家庭裁判所が遺言執行者を選んでくれるんですね。

(遺言執行者の選任)
民法1010条  遺言執行者がないとき、又はなくなったときは、家庭裁判所は、利害関係人の請求によって、これを選任することができる。

遺言書の内容の中には,遺言執行者による執行行為が必ず必要なものがあります。こういう遺言事項があるのに遺言執行者の指定がないとか,いないときは,必ず家庭裁判所に遺言執行者選任をお願いしないといけません。

また,相続人全員が協力すれば遺言執行ができるような遺言事項であっても,手続きが分からないとか,面倒だとか,適正・確実を期すとかいう理由で遺言執行者の選任を裁判所にお願いすることもできます。相続人自分たちでやろうと思えばできなくはないが,遺言執行者にやってもらったほうがいいな,というのも認められているんですね。司法書士などを候補者に立てて申請すれば,特に問題ない限り,その人を選んでくれるはずです。

  1. 遺言書には遺言執行者が付き物である。
  2. 遺言執行者は原則として遺言書で指定する。
  3. 遺言執行者が指定されてないか,指定されていたがいなくなっているときは,家庭裁判所に言えば選んでくれる。

これだけ覚えておいてください。

 

遺言執行者についてもっと知るにはこちら!

遺言執行者が必要?なら家庭裁判所に請求して選任してもらう

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

「死んだら全部お前にやる」と口頭で遺言してもらっても無効だと知っていますか?

同居していた父が亡くなりました。父は生前私を一番可愛がってくれており,同居していたこともあって,「俺が死んだら財産は全部お前にやる。俺の財産はお前のものだ」と言っていました。特に亡くなる間際は頻繁にそのように言っていまし …続きを読む

死んだら年金をとめて,「未支給年金」をもらえる請求をする

公的年金を受け取っている親などが死亡したら,この年金に関する手続きもしなければいけません。市町村役場に死亡届を提出したら,あとは役場が勝手にやってくるという仕組みはありませんので注意してください。 年金受給者が死亡したと …続きを読む

未支給年金の請求

節税の基本メソッドはやっぱり生前贈与をしてもらうこと

「節税の基本メソッドは生前贈与だ」 今日はこのことについて説明します。節税つまり相続税の節税対策には二つの大きな考え方があります。以下の二つです。 相続税の課税財産を減らす 基礎控除を増やす 相続税は基礎控除額を超える遺 …続きを読む

相続税節税対策のポイントは生前贈与

遺産相続した不動産を数人の相続人で分ける方法

相続人で遺産相続の話合いをしていて,例えば遺産が住宅しかなく,しかも誰も住んでいないので,この不動産をみんなで相続したい場合があります。また大きな土地が遺産の大部分を占めていて,これを誰かが1人で相続する話合いがつかない …続きを読む

生前贈与でもらうなら賃料・地代・家賃の入る収益物件から優先して!

私の親は先祖からついた不動産をいくつか所有しています。また,長年地方公務員をしていたので金融資産(預貯金と証券口座の投資信託等)もある程度持っています。親も一線を退き,いまは他人に貸している収益不動産の管理をして生活して …続きを読む

収益不動産(マンション,アパート)の生前贈与を優先して先に