相続大全集

両親が一緒に遺言書を書くのはやめたほうがいい理由

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

夫婦共同遺言の禁止

私の両親は本当に仲が良くて,,「俺ら一緒になってほんまよかったわ」「死ぬまで夫婦第一や」「毎日お風呂も一緒に入る」「一緒になる」おまけに「カルチャークラブも同じ」「年賀状も手紙も色紙もスピーチも全部二人並んで一緒」こんな両親なんです。仲がいいのはいいことなんですが,,今回両親に遺言書を書いてもらうことになりまして,その遺言書も「夫婦一緒に書くから」と言ってるんです。どこかで聞いたことがあるんですが,夫婦で一緒に遺言書を作ってはいけないと。ごちゃごちゃになって無効になることもあるから別の紙に書いたほうがいいらしい,と。両親は本当に仲がいいので,これこれこういう理由で一緒に書いたらダメ!と言ってあげないと,ぜったい一緒に書いてしまうと思うんです。どうなんでしょうか?

奈良県北葛城郡王寺町の司法書士中尾哲也

これはぜったいに止めてください!

あなた)

「仲が良いのはいいけど,法的に無効になるから,それぞれ別の紙に書いて」
「無効になったら,遺言してないのと同じことよ!分かってる!」

と言って,同一の用紙で,一緒に遺言書を作成するのを止めさせてください。法律には,次のように書いてありますので。

(共同遺言の禁止)
民法975条  遺言は、二人以上の者が同一の証書ですることができない。

あなた)

分かりました,,夫婦一緒に共同して1枚の紙で遺言書を作ったら法律的に無効になるんですね。法律なんで仕方ないと言います。だけど「なんでや?」と理由を聞かれると思うんです。どう説明したらいいでしょうか?

はい。共同遺言が禁止される理由は次のようなことだと考えられています。

  • 法律は個人の考え(意思)を大事にする。遺言書は特に大事な文書なので,独りで書くべき。
  • 複数人で一緒に遺言書を作ると,他人に気をつかったり,他人の意見に左右されたりして,遺言者の本心が表現されない可能性がある。
  • 内容がごっちゃになって,誰の財産についての誰の遺言なのか,つまり遺言の趣旨が分からなくなるおそれがある。

ちなみに1枚の紙にこういういう風に分けて書いてもダメです。とにかく1枚の紙じゃなくて,別の紙に書くのが重要ですので気を付けてください。法律のことですから,今回ばかりは,一緒に行動するのはあきらめてくださいね(笑)

ダメな例)
1枚の用紙に次のように書く


遺言書

長女に自宅と預貯金全部を相続させる。
遺言執行者を長女にする。
年月日
遺言者 夫 印

遺言書
長女に預貯金全部を相続させる。
遺言執行者を長女にする。
年月日
遺言者 妻 印


営業エリア・業務地域を教えてください。

奈良県北葛城郡王寺町の司法書中尾哲也の写真楕円形

無料メール相談はこちら。司法書士が2時間以内にお答えします!

 

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

相続財産・遺産の調べ方についてのポイントやコツ

  相続財産の調査をしないとはじまらない? 当たり前のことですが,相続財産を把握しないと何もできません。 他の共同相続人と遺産の分け前を話し合おうとしても,そもそも何があるか分からないと判断できない。 さらに, …続きを読む

相続財産や遺産の調べ方

限定承認(限定相続)を家庭裁判所に申請して相続財産の範囲で債務を支払う

親が死んだ。親は相続財産として住宅を残してくれたが,借金もいっぱい残していった。正直自分たち相続人が支払っていけるような借金の額じゃない。なので相続放棄するしかない。ところで親と同居していた自分には住む家がない。住む家が …続きを読む

相続の限定承認の相談

なぜ身寄りのない人には遺言書を書いてもらうべきか詳しく説明します

仮にあなたがこういう立場の方々だったとします。 ある人と長年同居して連れ添った内縁の配偶者である。 ある人の事実上の子供として育てられ親子同然の関係にあるが法的には養子縁組をしていない者である。 ある人の古くからの親友で …続きを読む

身寄りのない人は遺言書が必須

ペットに財産を相続させる遺言書の書き方について説明します

愛犬や愛猫を飼っていて,もし自分が死んだら財産をペットに相続させたい(遺贈したい)と考えた場合どうしたらいいでしょう?愛犬や愛猫は法律で認められた法定相続人ではないですが,もし遺言書にそのように書いたら財産を相続させる( …続きを読む

ペットに遺産を相続・遺言・遺贈する

国債とか社債にも相続税が?国債社債の相続税評価についてお教えします

父親は定年まで地方公務員として働いてきて,定年後も嘱託という形でつい先日まで仕事をしていました。しかしいよいよ隠居して老後の生活を楽しんでいるようです。父親は昔から職業柄大変堅実で,浮ついたことには一切縁のない人生でした …続きを読む

国債や社債の相続税の財産評価