相続大全集

親の遺言書が2通出てきたらどっちが有効か知っていますか?

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2通の遺言書 どちら

父親が死んで家の片付けをしていたら,テレビボードの中から1通,タンスの中から1通,全部で2通の自筆証書遺言が出てきました。両方父親が書いたものに間違いありません。確かに父親の自書したものです。日付も氏名も印鑑も押してあって,自筆証書遺言として無効になるようなところはありません。大変なことに,この遺言書の内容が全然違うものでして,兄弟の相続する遺産がまったく違っているんです。まるであべこべで。悪いことに私達兄弟は兄弟仲が悪くて,どっちも俺が預貯金をもらうと言って譲りません。私もそのほうが都合がよくて,,,遺言書が2通ある場合,どっちが父親の遺言書になるんですか?話合いで決めるんですか?家庭裁判所が決めるんですか?それとも両方無効になっちゃうんでしょうか?

奈良県北葛城郡王寺町の司法書士中尾哲也

これは簡単です。次のように考えてください。

  • 作成日付の新しい遺言書が有効になります。
  • 2通の遺言書の内容に齟齬があれば,齟齬している部分は新しい遺言書で古い遺言書を撤回したことになります。重なっていない部分は古い遺言書のままです。今回は内容があべこべでまったく違うらしいので,新しい遺言書のみが有効になるでしょう(古いほうの遺言書は撤回されて無効)。

この点,法律にはこのように書かれています。

(前の遺言と後の遺言との抵触等)
民法1023条  前の遺言が後の遺言と抵触するときは、その抵触する部分については、後の遺言で前の遺言を撤回したものとみなす。
2  前項の規定は、遺言が遺言後の生前処分その他の法律行為と抵触する場合について準用する。

さて,自筆証書遺言も公正証書遺言も,かならず遺言書には日付が書かれます。この日付が非常に大切でして,この事例のように遺言書が複数出てきたときに,どちらが有効かを決める決定打になるんですね。

なお,教科書事例(じっさいにはあまりないケース)ではありますが,同一日付の遺言書が二つ出てきて,内容が齟齬する場合どうするか?

2通の遺言書のどちらが先の時刻に書かれたか判明するようであれば,前記と同様に考えることができます。2通の遺言書のどちらが先に書かれたか明らかでないときは,受遺者で話合いをするしかないと思います。どちらも相続人であれば,事実上の遺産分割協議です。協議が決裂したら,これら遺言書は,遺言書としては,どちらも無効だと解さざるを得ないでしょう。

営業エリア・業務地域を教えてください。

奈良県北葛城郡王寺町の司法書中尾哲也の写真楕円形

無料メール相談はこちら。司法書士が2時間以内にお答えします!

 

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

子供のない夫婦が必ず遺言書を書くべき理由

私達夫婦には子供がありません。お互いに長年仕事をしていたこと,子供がなかったことにより,夫婦ともにある程度の財産を所有しています。さて最近夫婦の間で,お互いが亡くなったときの財産の行き先について話をすることがありました。 …続きを読む

子供がいない夫婦の遺言書作成

遺言書だけでは死後の問題が解決しない?安心できない?その理由を説明します

  遺言書があれば安心? さて将来の遺産相続の紛争を避けるために遺言書を公正証書で作成しました。もうこれで安心,何も心配することはない,となるかといえば,そうとも言えません。え?そうなの?遺言書を作成すれば安心 …続きを読む

葬儀,納骨,永代供養,役所の手続きは死後事務委任契約で

自筆証書遺言を作成する(書く・書いてもらう)スケジュールを具体的にお教えします

遺言者が自分で書く遺言書,すなわち自筆証書遺言を作成するときのスケジュールを具体的に説明いたします。自筆証書遺言は以下のようなスケジュールで作成します。司法書士に相談して作成する場合を想定しています。   遺言 …続きを読む

自筆証書遺言の作成方法,作り方

遺産分け(遺産分割)したら絶対に書面化しなければならない理由

お父さんが亡くなって,配偶者であるお母さんと,兄弟3人が相続人になりました。遺産は住宅と,預貯金と,株式でした。 相続人の取り分,つまり法定相続分はお母さんが3/6,兄弟3人がそれぞれ1/6ずつということが分かりました。 …続きを読む

家庭裁判所で手続した相続放棄を取り消すことができるケースをご紹介します

もしかしてあなたは,司法書士に頼んで家庭裁判所に相続放棄の手続をしたけど,それを取消ししてなかったことにしたいと考えていますか? もしそうなら,あなたが相続放棄をなかったことにしたい理由は次の事例のどちらに近いですか? …続きを読む