相続大全集

親の遺言書が2通出てきたらどっちが有効か知っていますか?

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2通の遺言書 どちら

父親が死んで家の片付けをしていたら,テレビボードの中から1通,タンスの中から1通,全部で2通の自筆証書遺言が出てきました。両方父親が書いたものに間違いありません。確かに父親の自書したものです。日付も氏名も印鑑も押してあって,自筆証書遺言として無効になるようなところはありません。大変なことに,この遺言書の内容が全然違うものでして,兄弟の相続する遺産がまったく違っているんです。まるであべこべで。悪いことに私達兄弟は兄弟仲が悪くて,どっちも俺が預貯金をもらうと言って譲りません。私もそのほうが都合がよくて,,,遺言書が2通ある場合,どっちが父親の遺言書になるんですか?話合いで決めるんですか?家庭裁判所が決めるんですか?それとも両方無効になっちゃうんでしょうか?

奈良県北葛城郡王寺町の司法書士中尾哲也

これは簡単です。次のように考えてください。

  • 作成日付の新しい遺言書が有効になります。
  • 2通の遺言書の内容に齟齬があれば,齟齬している部分は新しい遺言書で古い遺言書を撤回したことになります。重なっていない部分は古い遺言書のままです。今回は内容があべこべでまったく違うらしいので,新しい遺言書のみが有効になるでしょう(古いほうの遺言書は撤回されて無効)。

この点,法律にはこのように書かれています。

(前の遺言と後の遺言との抵触等)
民法1023条  前の遺言が後の遺言と抵触するときは、その抵触する部分については、後の遺言で前の遺言を撤回したものとみなす。
2  前項の規定は、遺言が遺言後の生前処分その他の法律行為と抵触する場合について準用する。

さて,自筆証書遺言も公正証書遺言も,かならず遺言書には日付が書かれます。この日付が非常に大切でして,この事例のように遺言書が複数出てきたときに,どちらが有効かを決める決定打になるんですね。

なお,教科書事例(じっさいにはあまりないケース)ではありますが,同一日付の遺言書が二つ出てきて,内容が齟齬する場合どうするか?

2通の遺言書のどちらが先の時刻に書かれたか判明するようであれば,前記と同様に考えることができます。2通の遺言書のどちらが先に書かれたか明らかでないときは,受遺者で話合いをするしかないと思います。どちらも相続人であれば,事実上の遺産分割協議です。協議が決裂したら,これら遺言書は,遺言書としては,どちらも無効だと解さざるを得ないでしょう。

奈良県北葛城郡王寺町の司法書中尾哲也の写真楕円形

無料メール相談はこちら。司法書士が2時間以内にお答えします!

 

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

親の土地を二つ分ける(分割・分筆)と相続税の節税になる理由を説明します。

土地を二つに分けると相続税を節税できる場合があります。それもかなり大きく節税できる可能性が。今日はその理由とやり方について簡単に説明します。   土地を二つに分けると土地の相続税の財産評価を下げることができるか …続きを読む

親の土地を分筆して相続税を節税

公証役場に行かずに自分で書いた遺言は無効だと思っていませんか?

遺言書を作るなら公証人役場で作成する公正証書遺言にすることをお勧めします。 しかし 公証人役場で公証証書遺言を作らなくても遺言はできます。遺言書は作成できます。 どうやって? いや,自分で手書きすればいいんです。便箋など …続きを読む

自筆証書遺言

親に決意してもらわないと節税対策(相続対策)ができないこれだけの理由

先の相続税法の改正によって,相続税の基礎控除額がかなり引き下げられました。従来なら相続税がかからかった人のうちこの法律の改正によって相続税がかかるようになる人も少なくないと思います。基礎控除額は,以下の式によって算出した …続きを読む

節税対策や相続対策は親の決意,協力,同意が必要で不可欠

親の財産が少なくても遺言をしてもらったほうがいい理由について説明します

「親には遺言書を書いてもらったほうがいいよってよく言われるけどうちにはそんな財産ないし」 「同居している家と年金口座と預貯金が少しだけだと思うから遺言書書けなんて大層なこと言わなくても」 こういう話がよくありますね。確か …続きを読む

財産が少ない人の遺言

遺言書で財産をもらった人が遺言書(遺贈)を放棄する方法を説明します

日本の相続制度は遺言相続が優先することになっています。つまり被相続人が遺言書で遺した遺志が一番大事で,遺言がない場合にはじめて法定相続の法律の規定によって遺産相続が処理されます。また,遺留分など,遺言書によっても奪うこと …続きを読む

包括遺贈の放棄 特定遺贈の放棄