相続大全集

親の遺言書が2通出てきたらどっちが有効か知っていますか?

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2通の遺言書 どちら

父親が死んで家の片付けをしていたら,テレビボードの中から1通,タンスの中から1通,全部で2通の自筆証書遺言が出てきました。両方父親が書いたものに間違いありません。確かに父親の自書したものです。日付も氏名も印鑑も押してあって,自筆証書遺言として無効になるようなところはありません。大変なことに,この遺言書の内容が全然違うものでして,兄弟の相続する遺産がまったく違っているんです。まるであべこべで。悪いことに私達兄弟は兄弟仲が悪くて,どっちも俺が預貯金をもらうと言って譲りません。私もそのほうが都合がよくて,,,遺言書が2通ある場合,どっちが父親の遺言書になるんですか?話合いで決めるんですか?家庭裁判所が決めるんですか?それとも両方無効になっちゃうんでしょうか?

奈良県北葛城郡王寺町の司法書士中尾哲也

これは簡単です。次のように考えてください。

  • 作成日付の新しい遺言書が有効になります。
  • 2通の遺言書の内容に齟齬があれば,齟齬している部分は新しい遺言書で古い遺言書を撤回したことになります。重なっていない部分は古い遺言書のままです。今回は内容があべこべでまったく違うらしいので,新しい遺言書のみが有効になるでしょう(古いほうの遺言書は撤回されて無効)。

この点,法律にはこのように書かれています。

(前の遺言と後の遺言との抵触等)
民法1023条  前の遺言が後の遺言と抵触するときは、その抵触する部分については、後の遺言で前の遺言を撤回したものとみなす。
2  前項の規定は、遺言が遺言後の生前処分その他の法律行為と抵触する場合について準用する。

さて,自筆証書遺言も公正証書遺言も,かならず遺言書には日付が書かれます。この日付が非常に大切でして,この事例のように遺言書が複数出てきたときに,どちらが有効かを決める決定打になるんですね。

なお,教科書事例(じっさいにはあまりないケース)ではありますが,同一日付の遺言書が二つ出てきて,内容が齟齬する場合どうするか?

2通の遺言書のどちらが先の時刻に書かれたか判明するようであれば,前記と同様に考えることができます。2通の遺言書のどちらが先に書かれたか明らかでないときは,受遺者で話合いをするしかないと思います。どちらも相続人であれば,事実上の遺産分割協議です。協議が決裂したら,これら遺言書は,遺言書としては,どちらも無効だと解さざるを得ないでしょう。

営業エリア・業務地域を教えてください。

奈良県北葛城郡王寺町の司法書中尾哲也の写真楕円形

無料メール相談はこちら。司法書士が2時間以内にお答えします!

 

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

遺言書に「財産をあげる代わりに○○して」と書かれているが守る必要がある?(負担付・条件付遺贈)

両親などの遺言者が遺言書を書いてくれたが,「財産を相続させる代わりに○○してください」とか「財産を相続する条件として○○すること」とか書かれていた場合にどう考えたらいいのか,どうしたらいいのか判断に困る場合があります。 …続きを読む

負担付・条件付遺贈

夫婦間贈与の特例を使って贈与税非課税で居住用不動産を配偶者の登記名義にする方法

  家の名義を夫や妻に移したい いま住んでいる住宅(土地や建物)の名義を夫や妻,つまり相手方配偶者に移し替えたい,名義変更したいとお考えですか?それはどういう理由からですか? 相続税の節税対策になるかと思って …続きを読む

奈良王寺の明徳司法書士に夫婦間の居住用不動産の生前贈与を相談依頼

お墓は,生きているうちに,親が自分で購入すると(建てると)相続税の節税対策になります

  お墓をどうするかで相続税が変わる! お墓は生前に親が自分で購入したほうが相続税の節税対策になります。お墓(墓地や墓石)だけではなく,以下のようなものについても同じです。 仏教の場合 仏壇,位牌,その他仏具 …続きを読む

生きているうちにお墓を建てて相続税を節税

死んだら年金をとめて,「未支給年金」をもらえる請求をする

公的年金を受け取っている親などが死亡したら,この年金に関する手続きもしなければいけません。市町村役場に死亡届を提出したら,あとは役場が勝手にやってくるという仕組みはありませんので注意してください。 年金受給者が死亡したと …続きを読む

未支給年金の請求

「死んだら全部お前にやる」と口頭で遺言してもらっても無効だと知っていますか?

同居していた父が亡くなりました。父は生前私を一番可愛がってくれており,同居していたこともあって,「俺が死んだら財産は全部お前にやる。俺の財産はお前のものだ」と言っていました。特に亡くなる間際は頻繁にそのように言っていまし …続きを読む