相続大全集

家で遺言書を書いてもらうときにチェックすべきポイントをお教えします

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自筆証書遺言のポイントや要件や注意点

今度両親に遺言書を書いてもらうことになったんですが,,とりあえず自分で書いてもらう自筆証書遺言?を作って,今度改めて公正証書遺言をお願いしたいと思うんです。よくテレビなんかで遺言書が有効とか無効とかやってるんですが,知識があやふやで,,,公正証書遺言を作る前に両親にもしものことがあっても,間違いなく有効になる遺言書を書いてもらいたいのでアドバイスをください。

こういう問いに対して今日は回答を書きます。

まず遺言書は,

  1. 遺言能力ある人が
  2. 一定の方式にしたがって
  3. 遺言事項について
    しなければ,法的な効力が認められません。つまり無効になります。
  • 遺言能力とは遺言書を書く(作成する)ことができる人はどんな人かという問題です。
  • 一定の方式というのは,自分で書く自筆証書や,公証人役場で作成する公正証書という遺言書の種類ごとに,なにをどうすればいいかという具体的な手順が決まっているそのことです。
  • 遺言事項というのは,遺言書に書いて法的効力が認められる事項のことです。遺言書には何でも書けますが,そのうち法的効力が認められるのは,「遺言書に書くと法的効力があるよ」と法律に書いてあることだけです。

 

自筆証書遺言の方式

本件で問題になるのは2.の「遺言の方式」ですね。自筆証書遺言の方式で遺言書を作る場合にどうしたらいいかは,法律に書いてあります。

民法968条
自筆証書によって遺言をするには,遺言者が,その全文,日付及び氏名を自署し,これに印を押さなければならない。
2 自筆証書中の加除その他の変更は,遺言者が,その場所を指示し,これを変更した旨を付記して特にこれに署名し,かつ,その変更の場所に印を押さなければ,その効力を生じない。

2項はいいでしょう。1項を詳しく見てみると,次のような要件を満たさないといけないようです。

 

自筆証書遺言の要件

  • 遺言者が,全文を自分で書くこと
  • 遺言者が,日付を自分で書くこと
  • 遺言者が,氏名を自分で書くこと
  • 遺言者が,遺言書に印鑑を押すこと

どうでしょう?分かりましたか?通常ここまででお話は終わりですが,今日はもうちょっと突っ込んで,各要件について見ていきたいと思います。過去の判例や裁判例で法律の解釈がしっかり示されているポイントを紹介しておきます。

 

自筆証書遺言の要件のポイント・注意点

遺言者が,全文を自分で書くこと

  • 自書とは遺言者が自分で書くことであり,手で書けないときは,口や足で書いてもOK
  • 運筆の補助を受けても,遺言者が証書作成時に自書能力があり,補助の程度が筆記を容易にするための支えとして添え手を借りたにすぎないときであって,添え手をした他人の意思が介入した形跡のないことが筆跡のうえで判定できる場合には,その遺言は有効
  • 他人が書いた下書きにもとづいて遺言者が筆写していても遺言者に理解力があって遺言者の意思で書いていればOK
  • 遺言書が数頁にまたがっている場合に,全体が1通の遺言書として作成されたと理解できる場合は,頁をつなぐ契印や編綴がなくてもOK

遺言者が,日付を自分で書くこと

  • 日付は,年月日で記載する。「何年何月吉日」という記載は無効
  • 日付の誤記は,それが誤記であること,真実の作成の日が証書の記載その他から容易に判明すれば,遺言は無効とならずOK
  • 日付の場所は遺言書そのものでなく遺言書を入れた封筒にされていてもOK
    ※もっとも遺言書と同一用紙に正確に年月日を記載するのが望ましい

遺言者が,氏名を自分で書くこと

  • 遺言者との同一性が確認できればペンネーム,雅号,芸名,通称,屋号でもOK
  • 遺言書の内容その他から同一性が確認できれば氏又は名だけの記載でもOK
    ※他人との混同を避けるため,住所・氏名を記載するのが一般的であり,公正証書遺言では,さらに,生年月日,職業も記載している

遺言者が,遺言書に印鑑を押すこと

  • 指印(拇印)でもOK
  • 押印のない遺言は原則的に無効だが,日本に帰化しながらも日本の生活様式になじまず,欧米風の生活様式を守り,当該遺言書を英文で作成したような場合には押印を欠く遺言も有効
  • 押印は原則として遺言者がなすべきであるが,遺言者の依頼により他人が遺言者の面前で押印した場合も有効

その他の注意事項

  • 用紙は何でもOK,チラシの裏でもOK
  • 筆記具も何でもOK,カーボン複写による遺言書もOK
  • 用語は,遺言者の意思が明確に判断できる限り,かな,漢字,速記文字,点字,略字,符号のいずれでもOK
  • 遺言書のタイトルはなくてもOK,もっとも「遺言書」「遺言」などと記載するのが望ましい

 

プロに依頼もできますよ

遺言書の作成を司法書士など専門家に頼むメリットとデメリットをお教えします

 

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

市役所(市町村役場)への死亡届の出し方などについて詳しく説明します

人が死んだら,まずもって,死亡届を提出しないといけません。   なぜ? 形式的には,そのように戸籍法で決まっているからです。 実質的には,死亡届を提出して役場に死亡の事実を知らして,戸籍に記載してもらわないと, …続きを読む

死亡届の出し方

必見!家業を遺産相続(後継ぎ)する人が絶対知っておくべきポイント

事業をやっていた父親が亡くなって,今すぐ事業の引継ぎをしていかないといけない場合があります。また,事業をやっている父親がそろそろ弱ってきて,あなたがその後継ぎになる予定だということもあるでしょう。 さて,もう事業を引き継 …続きを読む

遺産相続した不動産を数人の相続人で分ける方法

相続人で遺産相続の話合いをしていて,例えば遺産が住宅しかなく,しかも誰も住んでいないので,この不動産をみんなで相続したい場合があります。また大きな土地が遺産の大部分を占めていて,これを誰かが1人で相続する話合いがつかない …続きを読む

生前贈与でもらうなら賃料・地代・家賃の入る収益物件から優先して!

私の親は先祖からついた不動産をいくつか所有しています。また,長年地方公務員をしていたので金融資産(預貯金と証券口座の投資信託等)もある程度持っています。親も一線を退き,いまは他人に貸している収益不動産の管理をして生活して …続きを読む

収益不動産(マンション,アパート)の生前贈与を優先して先に

遺産分け(遺産分割)したら絶対に書面化しなければならない理由

お父さんが亡くなって,配偶者であるお母さんと,兄弟3人が相続人になりました。遺産は住宅と,預貯金と,株式でした。 相続人の取り分,つまり法定相続分はお母さんが3/6,兄弟3人がそれぞれ1/6ずつということが分かりました。 …続きを読む