相続大全集

認知症になったら遺言書を書いてもらうには遅すぎる??その理由

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

認知症の親の遺言書

前々から遺言書を書いてくれと頼んでいたんだけど伸び伸びになっていて気が付いたら両親は認知症になってしまった。時折「遺言書を書くよ~」と言ってくれてるんだけど本心かどうかわからない。というより認知症になっているので遺言書を書いてもらっても有効になるのかよく分からない。認知症の両親に遺言書を書いてもらうことができるんでしょうか。

こういう相談を受けることがあります。

 

遺言の様式性

さて,死後に自分の財産の行方を決める遺言書は,要式行為と言って,民法という法律で決まっている厳格な方法にしたがって作らないと法的な効力がありません。つまり無効です。もう少し突っ込んでみると,遺言書たるものは,,,

  1. 遺言能力ある人が
  2. 一定の方式にしたがって
  3. 遺言事項について
    しなければ,法的な効力が認められません。つまり無効になります。
  • 遺言能力とは遺言書を書く(作成する)ことができる人はどんな人かという問題です。
  • 一定の方式というのは,自分で書く自筆証書遺言や,公証人役場で作成する公正証書遺言という遺言書の種類ごとに,なにをどうすればいいかという具体的な手順が決まっているそのことです。
  • 遺言事項というのは,遺言書に書いて法的効力が認められる事項のことです。遺言書には何でも書けますが,そのうち法的効力が認められるのは,「遺言書に書くと法的効力があるよ」と法律に書いてあることだけです。

少し脱線しました。明らかに認知症になってしまった両親は有効に遺言書を作成することができるか,両親に遺言書を書いてもらうことができるか,というのが主題でした。

 

遺言能力の問題

この問題,上に書いた遺言能力に関係ありそうです。では遺言能力とは何かということですが,一つは年齢制限です。遺言は一般の法律行為の例外として,未成年でも単独でできます。ただし満15歳以上であればですが。そう法律で決まっています。もう一つは,意思能力,判断能力の問題です。意思能力,判断能力とは,要は自分で何をやっているか分かる,自分のやったことの結果がどうなるか分かる,というような意味です。法律の世界は,自分の意思でやったことだから効力を生じさせ本人に責任を負わせてよい,という根本的な理屈でできあがっているので,意思能力,判断能力がない人は,遺言書を作成できません。

 

認知症の人の遺言能力に関する民法の規定

これに関する法律の規定を見てみます。

民法963条
遺言者は,遺言をする時においてその能力を有しなければならない。

同966条
被後見人が,後見の計算の終了前に,後見人又はその配偶者若しくは直系卑属の利益となるべき遺言をしたときは,その遺言は,無効とする。
2 前項の規定は,直系血族,配偶者又は兄弟姉妹が後見人である場合には,適用しない。

同973条
成年被後見人が事理を弁識する能力を一時回復した時において遺言をするには,医師二人以上の立会いがなければならない。
2 遺言に立ち会った医師は,遺言者が遺言をする時において精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く状態になかった旨を遺言書に付記して,これに署名し,印を押さなければならない。ただし,秘密証書による遺言書にあっては,その封紙にその旨を記載をし,署名し,印を押さなければならない。

 

認知症の親に遺言書を書いてもらえるか

ちょっとややこしいですね,,,まとめます。

家庭裁判所で後見開始の審判を受ける前

認知症にも程度があります。認知症の程度が軽く,両親に意思能力,判断能力が残っているようなら有効に遺言書を作成できます。ただし,認知症が進行して,遺言書を書いた時に意思能力や判断能力があったのか紛争になるようでは困ります。なので,間違いなく遺言書を書いた時に判断能力があったのだと証明できるような手段を講じておく必要があるでしょう。司法書士に相談するといいです。

家庭裁判所で後見開始の審判を受けて後見人がついているとき

認知症が進行して,家庭裁判所によって法定の成年後見人が選ばれて,後見人が両親の財産を管理しているようなケースにおいては,両親が判断能力を一時回復した時にだけ遺言書を書いてもらうことができます。ただし,主治医等お医者さん二名の立会いが必要です。どうしても必要なら,主治医に相談することになりますが,司法書士などの援助も必要でしょう。少々ハードルが高いです。

 

まとめ

このように,両親が認知症になっても,遺言書を書いてもらう方法はあります。絶対に遺言書を書いてもらうことができないわけではありません。ただし,後々紛争が生じる可能性もありますし,手続きも煩雑になりますので,遺言書は両親が元気なうちに書いてもらうのがいいですね。

「まだまだ元気だからそのうち」

と言われたら

「元気な時しか遺言書は書けないよ」

と伝えてみましょう。

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

遺言書で財産をもらったのに返さないといけない遺留分という制度を説明します

こういう事例を想像してみてください。あなたがこの人達の立場だったら? ケース1 私はA男と20年付き合ってきた。出会った当初は奥さんがいていわゆる不倫関係からスタートし,その後奥さんが亡くなった後は,ほとんど妻と同じよう …続きを読む

遺留分請求を受けて財産を返さない

学歴の違いを相続分で取り戻す??学費を相続で差し引きするケース

若いころ両親は給料が安くてお金が無かったが,必死になって働いて子供3人を育ててくれた。長男の兄は,親によく勉強する環境を与えられて,有名私立大学の大学院に進み,大手電機メーカーの技術職に就いた。兄が大学に進んだことで家計 …続きを読む

親の家(住宅・家屋)には価値がある?相続税ではどのように評価されるかご説明します

将来の相続に備えて父親の財産を整理しているところです。どうやら相続税がかかるかかからないかという微妙なところなので,財産の価値をある程度正確に調べていきたいと思います。父親は持ち家に暮らしていて,土地建物が父親の所有にな …続きを読む

自宅家屋の相続税評価

相続の寄与分の具体的な計算方法についてお教えします

遺産相続の法定相続人の取り分,つまり法定相続分が変更になる理由には,以下の四つがあります。指定相続分とは,亡くなった人が遺言で相続人の相続分を決めてしまったケースです。「長男は2/3,長女は1/3」というようにです。最後 …続きを読む

なぜ相続人が多い(大勢いる)と遺言書の作成が必要かお教えします

遺言書を書いたほうがいい,又は遺言書を書いてもらったほうがいいケースにはいろいろありますが,被相続人が亡くなったときに,法定相続人がたくさんいるケース,つまりある人が将来亡くなり相続が開始したと仮定して,その推定相続人が …続きを読む

相続人や兄弟が多い人は遺言書を作成したほうがいい